2014年10月28日火曜日

11月9日(日曜)夜。大分のBRICK BLOCKで演奏します。

大分のBRICK BLOCKで演奏します。11月9日(日曜)夜。西大分駅から海に向かって真っ直ぐ行ったところ。

ちょうど1年前に伊太地山伝兵衛、スティーブガッド、佐山雅弘、村上秀一のバンドのために書いたコード譜を読み返しています。あのひとが井上陽水さんの「戸惑うペリカン」を"Pelican Lost In Love"と訳したのは初出にして最後の名訳となってしまい本当に残念。こうしたちょっとした所にも不世出なセンスを持っていたと思います。

9日は、おおいに賑やかにやりましょう。
みなさんに会えるひとときを大切にします。


 
Pelican Lost In Loveの特徴はBがm7だということに尽きます。この和音がこの曲をブルーズとフォークの世界たらしめていますね(ジャズやシャンソンとは一線を画しています) 。たとえば小島良喜さんなら「Bm7にきまってるやん」と言うでしょう。

一方でふだんの伝兵衛さん(そして佐山さん)ならばここはBm7♭5と弾くところ。そうした4度進行やハーフディミニッシュ、オルタードスケールの要素は色彩でいうと「カラー」にあたり、場合によってはカラフル過ぎてしまう。そこでここは「ただのマイナーセブン」を使って色彩をモノクロームに抑えるという感じかな。

さて、あの夜の「湘南レイニーデイズ」のコード譜はたったのこれだけ(下画像)です。もちろんこれは単なる土台であって、本番はいくらでもサイズが長くなります。こちらには4度進行とハーフディミニッシュがたくさん使われていてカラフルかつ叙情的。美しい海を舞台にした切ない別れの曲らしい音世界です。


一見何の変哲も無い単純なコード譜ですが、実はキーが一音下がっています(もともとDだったものがCに下がっている)。これは「声は出るが、頑張って張り上げたくない(落ち着いた感じで歌いたい)」という意図的なものだったと記憶しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿