2010年9月13日月曜日

初期型Rhodes MarkII 73 Suitcase 最高!

馬車道と平塚というダブルヘッダーでライブという、ちょっと無理をしたからか日曜は昼間っから寝て過ごしましたが、夜に「Oddマスターがヒゲをソってツルツル」という速報が入り(!)結局飲みに出てしまいました。

先週の平日は制作ものをこなし、ライブの準備や打ち合わせに明け暮れ。

週末は馬車道にポットラック(器楽)という創作料理の居酒屋さんがありまして、そこで高橋薫さんと演奏しました。ありがたいことに満員でございまして。踊る従業員さんも出る盛況に感謝でございました。今後のますますの発展を祈りつつ打ち上げもそこそこに失礼。

そのまま移動し平塚のパイプラインという店で伊太地山伝兵衛さんと演奏。
こちらはRhodes MarkII 73 Suitcaseが常設とのことで譜面とメロディオン片手に会場入り。
このローズの初期型マーク2が「当たり!」で、マーク1のフェンダーのプリアンプと200wアンプ(セレッション2×2ステレオ)。木製鍵盤はマーク1と同じ。カバーは平らといういろんな意味でイイトコ取りの最高のモデル。

実はこのアンプ、ギターを繋いでもすっごく良い音がします。
EQとトレモロのかかりも最高です。

楽しかったなあ。いつもの2倍くらい弾きました。


この1週間、訃報お別れが相次いで、凹みながらの日々でしたが。
お別れなんてないというか。生と死の連続性みたいなものは感じられています。
悲しいのは事実だけれど、自分がせっかく元気でいるのに落ち込んだりじっとしていては生かされている意味も半減してしまう。

毎日できることを精一杯やって、笑って頑張ろう!

0 件のコメント:

コメントを投稿